夜中に野良猫がずっと鳴いているのはなぜ?保護など対処の仕方についても

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

地域にいる野良猫が夜中に鳴くことは、気になることですよね。

どうしてこんなにうるさいのでしょうか。

野良猫が鳴く理由はいくつか考えられます。

お腹が空いている場合や、繁殖期であることが原因かもしれません。

また、猫同士の争いや、ストレス、孤独感から鳴いていることもあります。

夜行性の野良猫は、夜に活動が活発になるのが普通です。

この記事では、夜に鳴き続ける野良猫の理由を探り、保護が必要な場合や、保護できない場合の対処法について説明します。

夜の鳴き声に気になる方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

夜中に鳴き続ける野良猫の理由とは

近所の野良猫が夜に鳴くことはよくあります。

私の実家近くにも野良猫がいて、たまに夜になるとその声が聞こえてきます。

喧嘩をしているような声だと「縄張り争いしてるのかな?」と、それほど気になりませんが、声が変わると心配になることもあります。

では、野良猫が夜中になぜ鳴き続けるのか、その理由について考えてみましょう。

 

夜に鳴く野良猫の習性

夜に鳴く野良猫は、よく知られたイメージです。

夜に活動する主な理由は、夜が野良猫の主要な活動時間だからです。

この時間は食べ物が見つかりやすく、特にゴミ箱などを探ることが多いです。

飢えが原因で鳴いたり活動したりすることがよくあります。

発情期の特有の鳴き声はありますが、これは夜だけでなく一日中起こることがあります。

ただし、夜は人が静かになるので、鳴き声が人間にとって聞こえやすい時間帯になります。

 

昼間の野良猫の鳴き声の意味

昼間に鳴いている野良猫には、特定の習性はありません。

昼間に鳴く理由はさまざまで、空腹、発情期、孤独感、ストレス、他の猫や動物への威嚇などが考えられます。

昼間に鳴く野良猫の状況は、その時の猫によって異なります。

 

子猫が鳴く理由

子猫は時間に関係なくよく鳴きますが、夜の方が声が聞こえやすいですよね。

その背後にはいくつかの理由があります。子猫が鳴く主な理由は以下の通りです。

・空腹感
・母猫との分離
・孤独感
・ストレス
・体調不良や怪我

大人の猫は、体調が悪くても余り鳴きません。

猫は弱みを隠す習性があるからです。

子猫は感情を素直に表現するために鳴くことが多いです。

これは人間の赤ちゃんが泣くのと似ていると言えます。


スポンサーリンク

継続して鳴く野良猫の保護方法

野良猫や子猫が助けを求めている風に何度も鳴いている場合、その保護を考える際の手順は以下の通りです。

その猫が本当に野良猫かどうかを確認する。

首輪などをしていた場合、迷い猫の可能性があります。
近くで、猫を探している人がいないか確認した方がいいです。

自分で飼うか、保護施設に預けるかを決める。

自分で飼える状況であれば、迷いなく保護できますが、そうでない場合は保護団体などに相談する方法もあります。

自分で飼う場合は捕獲も自分で行うのが基本です。

動物愛護団体からの直接的な支援は期待できない場合でも、捕獲道具の貸出やアドバイスを受けることはできます。

捕獲方法は猫が人慣れしているかどうかによって異なってきます。

人慣れしている場合はゲージを使って誘導、人慣れしていない場合は捕獲器を設置してフードで誘導します。

 

保護後は、動物病院で以下のような健康状態のチェックをしてもらいます。

・ノミやダニの駆除
・病院による検査
・感染症の検査

これらは重要なポイントです。

医療費も発生するので、保護して飼う決断をした場合は最後まで責任を持つことが重要です。

地域の動物愛護団体に相談すると、有益なアドバイスや病院の紹介などのサポートを受けられることもあります。

その上で、不妊手術についても検討することが重要です。

また、野良猫でも地域でお世話されてる猫は、既に不妊手術を施されている場合があります。

その場合は、猫の耳の先が、桜の花びらのようにカットされてることが目印になります。

 

保護できない場合の野良猫への対応方法

野良猫が長時間鳴いていても、保護が難しいことはよくあります。

これは個人の事情によるもので、問題ではありません。

保護できない場合の重要な対処法は、餌を与えないことです。

餌を与えると猫がその場所に定住する可能性が高くなります。

最後まで世話をすることができない場合は、餌を与えるべきではありません。

自宅で餌を与える場合は、猫の排泄問題も考える必要があります。

近隣の庭での排泄はトラブルの原因になりえます。

また、家で飼わない場合でも、最低限の避妊手術は必要です。

これが難しい場合は、積極的に介入しないほうが良いでしょう。

心配な場合は、動物愛護団体に相談するのがおすすめです。

特に自立していない子猫の場合は、里親も見つかりやすいので積極的に保護したいところです。

 

夜中にずっと鳴いている野良猫の理由と対応!まとめ

夜間に鳴く野良猫の理由はさまざまです。

慣れてくると、発情期に鳴いているか、母猫を求めている子猫かを見分けることができます。

特に緊急性が高いのは自立できない子猫の保護です。

また、野良猫の増加を防ぐためには、成猫の避妊手術が重要です。

野良猫の鳴き声が気になる場合は、地域の猫の保護団体について調べるなど、積極的に動いてみて下さいね。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。