賃貸の壁を殴って穴を開けてしまった!修理方法と上手な言い訳のコツ

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

賃貸壁穴 殴った 直し方

賃貸アパートに住むと、壁や家具を傷つけてしまうことがありますね。

家具を壁にぶつけて傷つけてしまったり、怒って壁を強く叩いた結果、穴が開くことも。

あるいはケンカの最中に、扉に食器を投げつけて穴を開けてしまうこともあります。

知り合いにもそんな経験をした人がいます。

私自身、賃貸物件の管理に関わっていた経験から、退去時に壁に穴が開いていることは珍しくないことを知っています。

賃貸アパートでは、契約が終わる時に部屋を元通りにする必要がありますので、壁の穴をそのままにはできません。

修理費については、穴の大きさによって変わります。

この記事では、壁に穴が開いた場合の修理費用や保険の利用の可否、また、壁を殴って穴を開けてしまった時の効果的な言い訳について詳しく解説します。

 

賃貸住宅で壁やドアを傷つけた時の修理費と火災保険の適用について

賃貸壁穴 殴った 直し方

もし賃貸住宅で壁やドアに思わぬ穴を開けてしまった場合、修理費はダメージの程度に応じて変わります。

壁の外観や内部の構造に損傷があった場合、大体3万円くらいの修理費がかかることが一般的です。

穴が大きかったり複数あったりする場合は、修理費は5万円から10万円ほどになることがありますが、10万円以上になることは少ないです。

ドアの修理については、部分的な修理が可能な場合と全体の交換が必要な場合があり、それによって費用が大きく異なります。

全体を交換する場合は、普通5万円から10万円の費用がかかりますが、ドアの素材によってはそれ以上になることもあります。

壁やドアの修理費がどれくらいになるかは、その状態や対象物によって異なるため、具体的な費用を心配するのは当然のことです。

そこで気になるのが壁やドアの修理代を「保険で支払うことはできるのか?」という点です。

 

火災保険は使える?

賃貸住宅を借りる際、ほとんどの入居者は火災保険に加入します。

この保険は、物損事故が起きた時に補償を受けられることがあります。

通常、火災保険は火事や水害などによる家財の損害に使用されますが、予期せぬ物損事故にも適用されることがあります。

予期せぬ事故の例としては、家具が倒れる、何かを落とすことによって、部屋の一部に破損が及ぶということですね。

私の賃貸管理経験では、固いものを落としてしまって「洗面台のボウルを割る」、子供が窓ガラスにぶつかって「ガラスが割れる」などのケースで保険が利用されることがありました。

偶発的な事故なら補償の対象になることが多いですが、故意による損害は補償されないことが多いです。

ただ、行為が故意だったかどうかの証明は難しいことがあります。

補償される金額はケースによって異なり、全額または一部が補償されることもあります。

契約内容によって異なるため、加入している火災保険の詳細は個別に確認が必要です。

また、物件管理会社に報告した際に、彼らから保険の利用を提案されることもあるので、その時に詳細を確認すると良いでしょう。

保険が使えるのなら、それに越したことはありません。

壁やドアに開けてしまった穴は自分で直せる?

壁に小さな穴や細かいひびが入った場合、自分で修復することもできます。

このような修理に使えるキットは、通常ホームセンターで手に入ります。

壁紙が少しだけ剥がれた場合などは、接着し直して元の状態に戻すことが可能です。

スポンサーリンク

ただし、壁紙が大きく破れてしまった場合は、新しい壁紙を貼る必要があります。

同じ壁紙を探すのは、時間が経つほど難しくなります。

ただし、白や単色の無地なら似たものを見つけやすいかもしれません。

壁の内部、例えば石膏ボードを修理することはできますが、壁紙を完全に元の状態に戻すのは難しいです。

ただし、退去時には古い壁紙を張り替えることも多いため、壁紙代はかかるかもしれませんが、石膏ボードが修復されていれば、原状回復費を抑えられる可能性はあります。

また、直径5㎝以上の大きな穴がある場合は、石膏ボードを切って貼る技術が必要です。

これは通常のDIYには難しいので、管理者や大家に正直に相談するのが良いでしょう。

ちなみに押しピン程度の穴の場合は、ほとんど問題になることはありません。

賃貸壁穴 殴った 直し方

気になる方は、次のような穴埋めに特化した商品もありますよ。

created by Rinker
建築の友
¥697 (2024/05/28 13:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

賃貸物件の壁に穴が開いた際の言い訳はどうする?

賃貸物件で壁に穴を開けてしまったら、大家や管理会社への報告が必要です。

穴を開けたことを説明する時、「壁を殴ってしまった」と正直に言うのが恥ずかしい場合もあるでしょう。

穴の開け方を伝えたくない時は、適切な言い訳を考えることもできます。

例えば、「うっかり転んでぶつかってしまった」「重い物を運んでいて壁に当たった」といった説明もありです。

しかし、壁の位置や状況によっては、「転んだ」という言い訳が不自然に思われることもあります。

以前賃貸管理をしていた際には、「壁にぶつかった」という入居者の説明をそのまま保険会社に伝えていました。

なんとなく殴って開けたのでは?と思っても追及はしませんでした笑

保険が適用されれば問題ないですが、適用されなければ修理費は自己負担になります。

多くの場合、とりあえず保険を試してみることを勧めていました。

自分も賃貸物件に住んでいたことがあるので、修理費用を避けようとする気持ちもわかります。

とはいえ、部屋を傷つけたことは事実なので、大家や管理会社にはきちんと謝罪することが大切です。

賃貸の壁を殴って穴を開けてしまった!まとめ

賃貸住宅では、退去時に部屋を原状に戻す必要があります。

そのため、壁に穴を開けてしまった場合、修理が必要です。

修理費用は穴の大きさや数によって異なりますが、通常は10万円を超えることは少ないです。

賃貸契約時によく加入する火災保険が役立つ場合もあります。

保険の詳細を確認し、故意でない場合の補償があるかどうかを見てみましょう。

壁に穴を開けた場合、理由に関わらず、きちんと謝罪することが大切です。

壁に穴を開けてしまって悩んでる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました