嬉しくないプレゼントをもらった時にするべき反応とは?優しい対応策について

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

嬉しくないプレゼント 反応 

大切な日やイベントでプレゼントをもらった時、たまに自分の好みではないことがありますよね。

そんな時、どう対応したらいいか迷ったことはありませんか?

私もそんな経験があります。

人によってはどう反応するのがベストか迷うこともあると思います。

「完ぺきな答え」があるわけではありませんが、いくつかの対応方法を知っていると、その場に応じて上手に対処できるようになります。

プレゼントが好みではないことを伝えるべきか、将来を考えて伝えるべきか。

好みと違うと感じた時の反応や対応方法を、ここでいくつかご紹介します。

スポンサーリンク
  

嬉しくないプレゼントをもらった時にするべき反応とは?

嬉しくないプレゼント 反応  

プレゼントが期待と違った時の対応方法をお話しします。

まずは、贈ってくれた人の優しさを大切にし、気持ちを傷つけないことが大事です。

​​

贈ってくれた人の気持ちに感謝

まず第一に笑顔で感謝を伝えることが大事です。

プレゼントを選ぶ時、贈る人はあなたのことを思って時間をかけて選んでいます。

たとえプレゼントが自分の好みではなくても、その心遣いには感謝する必要があります。

贈る人も、あなたが感謝する姿を見て喜んだり安心したりするはずです。

​​

プレゼントを選んだ理由を聞く

これは、贈る人の考えを理解し、自分も納得する良い方法です。

プレゼントを選んだ背景を知ることで、最初は好みではなかったものにも愛着がわくかもしれません。

自分で似合うと思ってたものが、他の人から見るとそうでもなかったり、思ってもみなかったものが似合うと思われてたりします。

たとえば、いつもモノトーンのコーデばかりして、自分では明るい色が苦手だと思い込んでる友達がいました。

でも彼氏にある日、ピンクのマフラーをプレゼントしてもらって、明るい色に目覚めたんですよね。

たまには可愛い色も試してみたら?という彼氏の想いがあったようなのですが、プレゼントによって違った見方ができるようになったという事例です。

贈り物の選択を評価しながら好みの違いを上手に伝える

贈ってくれた人のセンスや意図を尊重しつつ、自分の好みが異なることを優しく伝える方法です。

実を言うと、自分の趣味に合わないプレゼントを受け取っても、本当に嬉しいとは限りませんよね。

でも、無理に贈った人の趣味に合わせるのも難しいです。

例えば、前述の友達の話でも、本当にピンクが無理だったとしたら?

「ピンクは自分では選ばないから新鮮な感じだよね。ただ上手く使いこなせるのかちょっと不安かな~」

と言うことで、贈った人を否定せず、自分の好みとの違いをさりげなく伝えられます。

「新鮮」「初体験」「これもいいね」といった言葉が効果的です。

​​「大事にするね」と言って部屋に飾る

これは、使うのが難しいと感じた時の「大事にするね」というフレーズがポイントです。

好みではないと伝えるのが難しい時、また無理して使うのも難しい時に、大事に飾っておくのも一つの方法です。

贈った人に「どうして使わないの?」と聞かれた時は、

「汚れたり壊れたら悲しいから、なかなか使えないんだ。だから、お部屋に大事に飾ってるよ。」

と答えることができます。

贈った人が来た時に目に付く場所に飾っておくと、「本当に大事にしてくれている」と感じてもらえます。

​​

特別な日にプレゼントを使う工夫

贈り物をもらったら、贈ってくれた人と会う時にだけ特別に使う工夫をしてみましょう。

これはアクセサリーや小物に特に適しています。

例えば、自分の普段選ばない色のバッグを、好きな色のスカーフでアレンジするなどです。

また、アクセサリーに合わせて洋服の色を変えてみるのも良いかもしれません。

この方法は、「贈ってくれた人のために」と割り切って使う考え方です。​

好みではないことを率直に伝える

この方法は、相手との関係によって選びます。

信頼関係が深い、または関係が壊れても問題ない相手に向いています。

正直に思っていることを伝えるのも一つの方法です。

ただし、言葉選びが大切です。

親しい関係なら、軽く受け止めてもらえる可能性がありますが、まだそこまで親しくない場合、関係が悪化するリスクも考慮しなければなりません。

この方法を選ぶ時にも、まず感謝の気持ちを伝えることが大事です。

そして、率直に伝える時は、コミュニケーションスキルが重要になります。

今後は一緒にプレゼントを選ぶことを提案

プレゼントを選ぶ時は、お互いの好みを理解しながら楽しむ方法を提案しましょう。

今後同じような問題を避けるために、一緒にプレゼントを選ぶのが良い方法です。

ただ、「サプライズが良い」と考える人もいますので、日常のお出かけで自分の好みを少しずつ伝えるのも良い方法です。

お互いをよく理解することで、失望することも少なくなるでしょう。

避けた方がいいかもしれないプレゼントの種類

嬉しくないプレゼント 反応  

プレゼントを選ぶ時に注意したい、喜ばれるか微妙なアイテムについて調べました。

これを知っていると、プレゼント選びの失敗を防げるかもしれませんね。

プレゼント選びは結構エネルギーがいるので、この情報が少しでもお役に立てば幸いです。

​​衣類やアクセサリーは相手の好みが分からなければ避けた方が無難

特に衣類やファッションアクセサリーは、好みが人によって大きく違うので、相手の趣味がわからない時は選ばない方がいいかもしれません。

相手の好みをよく理解しているか、一緒に選べる場合を除いては、選ぶのは難しいでしょう。

季節のアイテムやビジネス用品などは、すでに持っている可能性もあるので注意が必要です。

​​

ブランド品も必ず喜ばれるとは限らない

有名ブランドのアイテムでも、必ずしも誰もが喜ぶとは限りません。

特にアクセサリーなどで失敗することが多いようです。

たとえば、20代向けのブランドアクセサリーが30代以上の人には合わないこともあります。

年齢に合わせたブランド選びが大切です。

ブランド品は価格も高いので、相手がどんなブランドを好むか事前に調べることが良いでしょう。

​​生花にも配慮が必要ドラマや映画で見るような大きな花束をプレゼントするのとは違って、現実では生花は扱いにくいことがあります。

花瓶がない、花の手入れがわからないなどの理由で、生花を受け取るのが難しい人もいるので注意しましょう。

生花を贈る場合、他のプレゼントと組み合わせるなど工夫すると良いかもしれません。

何かのプレゼントと一緒に小さいブーケを手渡す、とかですね。


スポンサーリンク

好みではないプレゼントの上手な扱い方

嬉しくないプレゼント 反応 

好みではないプレゼントを受け取ったら、どうしますか?

私もこっそり売ったことがありますが、一般的にはどんな対応がされているのでしょう。

実際に他の人がどうしているかを調べてみました。

​​

しまっておく:目立たない場所に保管

使わないけれども捨てるのはもったいないプレゼントは、多くの人がしまっておくことを選んでいます。

調査では、クローゼットや押し入れにしまい込む人が多いことがわかりました。

「贈ってくれた人が来る時だけ、目に付く場所に出す」というアイデアもあります。

しまっておくことで、プレゼントを忘れてしまい、後で発見して新鮮に感じる人もいます。

使わないものをこうした方法で扱うのは自然なことかもしれません。

​​捨てる選択:特に消耗品の場合

特に食べ物や生花のような消耗するプレゼントの場合は、捨てるという選択もあります。

例えば、花瓶がない、花の扱い方がわからない時など、結局枯れてしまうので捨てる人もいます。

食べ物も同じです。

最終的には消耗品なので、捨てる選択は合理的ではあります。

​​高価なアイテムはフリマアプリなどで売却

この方法は、自分の好みではない高価なブランド品やアクセサリーを受け取った時に良い選択です。

好みに合わないものを持ち続けるよりも、売って別の欲しい物に変えるのは合理的です。

女性が特によく使う現実的な方法です。

私も過去にフリマアプリやブランド品の買取ショップなどで売った経験があります。

趣味に合わなくなって、これ以上使うこともなさそうなので売ってしまいました。

売却したことが贈り主に知られることもなく、ブランド品だったので、それなりに良い価格で売れました。

自分にとって必要でないものでも、使ってくれる人が見つかれば、それは良いことです。

 

嬉しくないプレゼントをもらった時にするべき反応とは?まとめ

好みではないプレゼントをもらっても、まずは笑顔で「ありがとう」と感謝を伝えましょう。

贈り主が選んだ理由を聞くと、意外な愛着が湧くこともあります。

相手を思いやりながら、自分の好みを優しく伝えるのも良い方法です。

趣味に合わないものは「大事にする」と伝えて、家に飾るのもいいでしょう。

贈り主と会う時だけ使ったり、アレンジしてみるのも有効です。

好みでないと率直に伝える方法もありますが、これは関係が壊れるリスクがあるので注意が必要です。

次回からは一緒に買い物に行く、または好みを伝える提案をするといいでしょう。

プレゼント選びでは、衣類、ファッション小物、ブランド品、生花など好みが分かれやすいものには注意が必要です。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。