ベビー服を水通し後にジップロックに入れるのはなぜ?安全な保管方法とは?

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ベビー服 水通し後 ジップロック

赤ちゃんの肌はデリケートで、特別なケアが必要ですね。

ベビー服は赤ちゃんの肌に直接触れるものだから、清潔で肌触りの良い素材が理想的です。

そして赤ちゃんに着せる前のベビー服はいったんベビー用洗剤などで水通ししておくのが基本ですよね。

この作業は、新生児の到来を楽しみにしながらの、出産への心地よい準備作業となります。

水通ししたベビー服は、赤ちゃんの敏感な肌を守る役割を果たします。

そして、洗った後の服の保管方法として、ジップロックバッグが便利です。

ジップロックを使うと、水通し後の衣服を清潔に保つことができ、収納も効率的になります。

スポンサーリンク
 

ベビー服を水通し後にジップロックに入れるのはなぜ?

ベビー服 水通し後 ジップロック
赤ちゃんの服を洗った後の保管は、清潔さを保つために大切です。

ジップロックバッグを活用することで、服を空気やホコリから守りましょう。

ここでは、ジップロックで保管するメリットについてお話しします。

​​

ジップロックで服を密閉する意味

洗ったばかりの赤ちゃんの服は、ジップロックに入れて空気を抜くことでしっかり密封できます。
でも、なぜ密封が重要なのでしょうか?

空気中には、ホコリや微細な化学物質が含まれていることがあります。

これらは大人には影響が少ないかもしれませんが、赤ちゃんの敏感な肌には刺激になることがあります。

服を密封する際は、まず洗った服をたたんでジップロックに入れます。

ジップを少し開けた状態で服を軽く押して空気を外に出し、その後しっかり閉じて完全に密封します。

ストローで空気を吸い出す方法もありますが、手で軽く巻いて抜く方が簡単です。

この方法で、赤ちゃんの服を清潔に保管できます。

 

​​赤ちゃんの服に合う多様なサイズ展開

ジップロックバッグは、小さな肌着から厚手の冬物まで、赤ちゃんの服を種類別に収納するのに便利です。

その多様なサイズ展開が大きな魅力です。

赤ちゃんの小物類も、タオルやビブ、寝具などを洗った後にジップロックで保管すると、清潔に保つことができます。

大きなジップロックで色々なアイテムをまとめて収納することもできますが、それだと中身が何か分かりにくくなったり、必要なものを取り出す際に不便を感じることがあります。

そんな時は、ベビー服や小物を種類別に分けて、それぞれのサイズに合ったジップロックに少しずつ入れると良いでしょう。

ジップロックの豊富なサイズから、アイテムに合わせて最適なものを選ぶと、収納がぐっと楽になります。

ジップロックは省スペースで便利!

洗ったベビー服をジップロックで密封し、空気を抜くと、驚くほどコンパクトになります。

ベビー服は意外とスペースを占めるので、この方法は収納スペースを有効に使うのに役立ちます。

清潔さを保ちながらスペースを節約できるので、ジップロックの活用は非常に理にかなっています。

​​大人の服と一緒に収納しても大丈夫?

通常は大人の服やタオルと赤ちゃんの用品を別々に収納することがおすすめです。

これは、大人の衣服のホコリや化学物質が赤ちゃんの服に移るリスクを避けるためです。

また、大人用のタンスの塗料に含まれるホルムアルデヒドが赤ちゃんの服に影響を与えることもあり得ます。

しかし、水通ししたベビー服をジップロックでしっかり密封しておけば、大人の服と同じ箪笥や棚に置いても安心です。

ジップロックがベビー服を外部の有害物質から守ってくれます。

赤ちゃん専用の収納スペースがない場合でも、ジップロックを使えば、服を安全に保管できるので安心です。

​​ベビー服の水通し後に普通のビニール袋は使える?

ベビー服 水通し後 ジップロック
​水通し後のベビー服をビニール袋で保管するのも1つの方法です。

目的がベビー服を清潔に保ち、ホコリや化学物質から守ることであれば、ビニール袋も役立ちます。

ただ、ビニール袋の密閉性には少し疑問があるかもしれません。

ビニール袋で保管する場合、完全に空気を抜き、テープでしっかりと封をすることがポイントです。

これである程度の密閉は達成できますが、テープで留め付けたビニール袋の再利用は難しいこともあります。

新しいビニール袋を毎回用意し、空気を抜いてテープで封をする作業は、手間がかかることを考えると、ジップロックを繰り返し使う方がコストパフォーマンスに優れていますよね。

ジップロックは丈夫で再利用しやすく、密閉も簡単にできます。

総合的に便利さと安全性を考えると、水通し後のベビー服はジップロックでの保管がおすす目だと言えるでしょう。


スポンサーリンク

​​赤ちゃんの服 水通し後の収納方法

​​
赤ちゃんが生まれる前に水通ししたベビー服を、清潔に整理して保管するのはとても大切です。

ここでは、水通し後のベビー服をジップロックを使ってスマートに収納するコツをご紹介します。

​​

カテゴリー別に整理してスッキリ収納

水通ししたベビー服、ガーゼ、寝具をカテゴリー別に整理して保管すると、必要な時にすぐに探し出せます。

ジップロックに入れた後、それぞれの種類を立てて収納すると、さらに取り出しやすくなります。

ただ、立てて収納すると倒れることがありますね。そんな時は、100円ショップで手に入るブックエンドを使うと便利です。

ジップロックに入れたベビー服を立てて並べ、ブックエンドで仕切りを作ると、収納がとてもスムーズになります。

ブックエンドがジップロックの滑りを防ぎ、安定させます。

さらに、ブックエンドにラベルを貼り「肌着」「長袖」「半袖」といったカテゴリーを表示しておくと、一目で何がどこにあるかが分かり、収納がより便利になります。

​サイズラベルで効率的な管理

赤ちゃんの成長は早く、服のサイズもすぐに変わりますね。

だから、必要なサイズの服を手早く選べるように、ジップロックにサイズを書いておくと良いでしょう。

ジップロックの表面に直接書く方法もありますが、立てて収納する場合は見づらくなることがあります。

そこで、ジップロックのジッパー部分にラベルを貼って、そこにサイズを書くのが便利です。

この方法だと、引き出しの中からジップロックを取り出さなくても、一目でサイズが分かります。

また、サイズに応じてラベルの色を変えると、さらに見分けやすくなります。

サイズが記載されていると、将来的に2人目や3人目の子供が生まれた時にも、再利用しやすくなります。

大きくなって着られなくなった服も、次に使う時のためにそのまま保管できて便利です。

 

​​赤ちゃん専用の収納スペースの準備

赤ちゃんが小さいうちは、服が少なく、ジップロックに入れて大人のタンスに保管することも可能です。

しかし、時間が経つにつれて赤ちゃんの服や用品は増えていきます。

特にプレゼントで服をもらったり、かわいい服を見つけて購入することも多いですよね。

そこで、長い目で見て赤ちゃん専用のタンスを用意するのがおすすめです。

たとえタンスが広すぎても、ブックエンドを活用すれば、上手に整理できます。

赤ちゃん用のタンスを選ぶ時は、特に「ベビー用」「子供用」と表示されたものを選ぶことが大切です。

これらのタンスは低ホルムアルデヒドで作られていて、安全性が高いです。

タンスを選ぶ際のポイントとしては、「F☆☆☆☆」というマークのあるものを選ぶと良いでしょう。

このマークはホルムアルデヒドの放散量を示しており、「☆」の数が多いほど放散量が少ないことを意味します。

購入の際にはこのマークを参考にすると安心です。

ベビー服を水通し後にジップロックに入れるのはなぜ?まとめ

新しくママになる方にとって、赤ちゃんの服を水通しすることは大切な一歩といえますよね。

新生児に清潔な服を着せるため、水通し後の服は適切に保管することが大切です。

ホコリや化学物質が付着しないように、ジップロックを使って丁寧に保存しましょう。

以下、水通し後のベビー服の扱いについて、まとめておきます。

・ジップロックでしっかり密封して保管
・ビニール袋より安全で便利なジップロックの活用
・ラベル付けで見やすく立てて収納

ジップロックはキッチン用品ですが、赤ちゃんの敏感な肌を守るのにも非常に役立ちます。

ベビー服を準備する際には、ジップロックも一緒に準備すると良いですね。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。