東京都庭園美術館で写真撮影できる建物公開2019に行ってきた!

庭園美術館

東京都庭園美術館といえば、、、

アールデコの建物がステキなことで有名な美術館♪

普段の展覧会では館内撮影がNGなんですが

年に1度の建物公開展では撮影がOKという素晴らしさ(*´▽`*)

普段は見られないお部屋も公開されてるとのことで

楽しんできました♪

スポンサーリンク
  

東京都庭園美術館 建物公開展2019に行ってきた!

東京都庭園美術館は白金台と目黒が最寄り駅なんですが

都会の真ん中にあるとは思えないほど自然がいっぱい!

建物とお庭の散策の両方が楽しめます。

今回おじゃました展覧会内容は、、、

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

2019/7/20~9/23

1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)

年に1度の建物公開展です。


ふだんは展示のない家具や建築素材の展示もありました。


この日はお天気が良くって日射しが暑かった(笑

正面玄関のガラスレリーフの扉はラリックの作品。。。


繊細で見入ってしまいます。。。


そしていよいよ美術館の中へ!

東京都庭園美術館で好きだけ写真撮影!

え?美術館の中なのに写真撮影大丈夫なの?

はい!大丈夫でした(*´▽`*)


庭園美術館では年に1度ほど建物公開展というのをやってます。

もともとは旧皇族の住宅だったので

いろんな豪華なお部屋の様子が鑑賞できるんです。


他のアーティストの作品展の場合は、、、

美術館に入ったらもう撮影はNGなんですけどね。


庭園美術館じたいの建物を観賞するのがメインの展覧会なので

ほとんどの場所で写真撮影がOKなんですよ~

庭園美術館 大広間

庭園美術館の入り口を入ってすぐの1階の大広間。


天井の照明もアールデコっぽいモダンな感じです。

キラキラしすぎてない西洋モダンな雰囲気が好みに合う(´ω`*)

庭園美術館 次室の香水塔

大広間の右手奥にある次室には「香水塔」があります。

香水を入れて照明の熱で香りを漂わせるものらしいです。

なんかロマンチックですよね(*´▽`*)

ちょっとドアップ。。。


庭園美術館のシンボルマークにも使われてる作品です。

ひび割れなどが見つかって何度か修復されてるみたい><

庭園美術館 大客室

大広間から次室を通り抜けると、、、

次のお部屋は「大客室」でいちばん広いお部屋かも。


これまたシャンデリアに目が吸い寄せられました。

ラリックの作品です。

庭園美術館 大食堂

次が大食堂、、、


庭園の方にアーチのように窓が張り出してますよね。

外のお庭がいい感じに鑑賞できます。


このお部屋の照明器具も素敵です(*´▽`*)

こちらもラリックの作品でした。

庭園美術館 小食堂

その奥にさらに食堂が、、、「小食堂」とのこと。

食卓が揃えられていて可愛いです~

こちらの食堂は朝香宮家の日常の食卓に使われてたそう。

庭園美術館 若宮寝室

2階に上がって、、、「若宮寝室」

若宮様の寝室ということは男の子の部屋?


大広間などに比べると落ち着いた感じの部屋でした。

またまた照明器具。。。

庭園美術館 合の間

こちらは合の間、、、ちょっとした小部屋という感じ?

天井がアーチのように高くて雰囲気が良かったです。


その高い天井にとっても映える吊り下げるタイプの照明。

庭園美術館 若宮居間

次の部屋は「若宮居間」

そっか~寝室とは別に居間があるのね(笑


こちらの照明器具はこんな感じです。

庭園美術館 書庫

その隣には書庫がありました。

いいな~書庫なんて憧れる(´ω`*)


もっと手前から撮ればよかったかな。

部屋の両側は壁一面の書棚になっていました。

庭園美術館 書斎

書庫の次は書斎でしたが写真が1枚しかない(笑

庭園美術館 殿下居間

次は殿下の居間です。

殿下とか妃殿下とか若宮とか、1人1人用の寝室や居間があるんです。

ぜいたくです(笑


カーテンと壁紙が不思議な織り柄で印象的でした。

庭園美術館 殿下寝室

殿下の居間のお隣は「殿下寝室」

居間に比べると落ち着いた雰囲気かな?


ベランダに出られるようになってますが

見学のコースとしてはここからは出られません。。。

庭園美術館 妃殿下寝室

次は妃殿下の寝室なんですが、、、

なぜか照明器具メインで撮ってます(笑


部屋はくすんだピンク系の壁紙でエレガントな雰囲気でした。

照明器具はヒラヒラとした布シェードが女子っぽくて可愛い。

庭園美術館 妃殿下居間

妃殿下の居間はとても居心地の良さそうな落ち着いた空間でした。

家具が置かれてたのでイメージしやすかったです。


アーチになった天井に5つの丸いボール型の照明がおしゃれ。


庭の方には半円形のバルコニーがありました。

庭園美術館 姫宮寝室

そしてこの奥に、、、

姫宮の寝室があるのですがなぜか写真を撮ってません><

お嬢様の寝室ってことですね。


スポンサーリンク

庭園美術館 姫宮居間

そのまた奥にあるのが姫宮の居間

サーモピンクっぽい大理石の暖炉に丸い鏡が可愛らしいです。

姫宮らしい明るいお部屋ですね~


照明器具もお花のような形になってました。

庭園美術館 第一浴室

第一浴室は主に殿下が使用してたお風呂らしいです。

他のご家族は別の浴室があるっぽいのですが( ゚Д゚)

今回は第一浴室だけ公開されてました。

すごい細かくて繊細な床タイルが素敵です(´ω`*)


壁は大理石だそうですよ。。。

でも冬は寒そう(笑

庭園美術館 ベランダ

ベランダには妃殿下の寝室から入るようになってました。


床の大理石が市松模様になっていてモダンな感じです。

ここから外の日本庭園が一望できるようになってます。

殿下と妃殿下の寝室からのみアクセスできるベランダ。

2人の専用のベランダだったらしいです(´ω`*)


妃殿下寝室から廊下に出たところ。。。

庭園美術館 北の間

こちらは北の間といって夏の間に使用されるお部屋。

夏用のサンルームみたいなものですかね。


床はタイル張りだから夏は涼しく過ごせたのでしょう。

まあ今は昔に比べると暑いでしょうけどね><

庭園美術館 ウインターガーデン

今回特別に公開されていたのが3階のウインターガーデン。

3階に上がる途中にある照明器具が可愛かった(´ω`*)


そしてこの上が3階なんですが、、、


一度にたくさんの人が入れないということで

人数制限されていて許可証をもらって上に上がります。

右手に持ってるのが許可証?です。


そしてこちらがウインターガーデンの内部。

始めて入りました(*´▽`*)


ちょっとしたサンルームのようになってますが

スタッフさんに聞くと「温室」だと言ってました。

壁には水やり用の水栓が付いてますしね。


3階からだとさらに庭の眺めも良いです。


ウインターガーデンの中に置かれてる家具は、、、

マルセル・ブロイヤーのデザインした椅子


1932年に殿下自身が購入されたものらしいです。

そんな昔のものとは思えないくらいキレイでした。


ウインターガーデンからの出入り口。


館内の方に戻ります。

3階から階下の階段室を眺めたところ。


階段の手すり壁にまで繊細な模様がはめ込まれてます。

庭園美術館 新館

庭園美術館には新館が併設されていて

ミュージアムショップやミュージアムカフェ

新館のギャラリースペースも2つあります。

旧館から新館へのガラスの渡り廊下。。。


外側から見たガラスの渡り廊下

庭園美術館 新館ギャラリー

その時々の展覧会に合わせて新館のギャラリーでも展示があります。


この時には旧朝香宮邸で使われてたものなのかな?

家具や調度品など美術品のコレクションが展示されてました。

最初に目を奪われたトルコブルーの陶器。


絵や家具の数々。。。


ラリックのガラスはやはり素晴らしい(*´Д`)


映像を流すコーナーもありました。


ガラスケースの中の文書類は撮影不可でしたが

それ以外の美術品などは撮り放題でした。

庭園美術館 庭園

庭園美術館ですから立派な庭園もございます(*´▽`*)

庭園だけ見学することも可能です。


この日はとても暑かったので、、、

少し散歩する程度にブラブラしました。


庭園側から見た庭園美術館


1階の大広間に繋がったテラス


広々とした芝生のお庭。

立ち入り禁止ではなく自由に通れますよ。


奥に見えるのが美術館入り口の隣にあるレストラン。


庭園の中には池や茶室などもあって

もっともっと広々してるのですが

あまりの暑さに写真撮ってません(笑

もっと涼しくなってまた訪れたいです(´ω`*)

東京都庭園美術館 まとめ

都会の真ん中のオアシスのような庭園美術館

夏でも涼しい気分になりました。

建物公開展は毎年やってますけど

その年によって展示内容も変わってきます。

あらためて毎年行ってみたい展覧会ですよね♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加