卒業式で黒のスーツに合うコサージュの色は?ネックレスはどうする?

コサージュ

子どもの卒業式の服装としては黒や紺のスーツを選ぶママが多いです。
私も黒のパンツスーツやダークグレイのスーツなどでした。
落ち着いた色のスーツの場合はコサージュやアクセサリーで華やかにしたいもの。
卒業式の黒のスーツなどに合うコサージュの色や付け方。
ネックレスなどのアクセサリーについてもまとめておきます♪

スポンサーリンク
  

卒業式で黒のスーツに合うコサージュの色は?

卒業式などママが着ることが多い黒のスーツには
基本的に明るい色のコサージュが華やかな雰囲気になっておすすめです。

 
コサージュの色目としてはホワイト系、ベージュ、派手過ぎないピンクやオレンジ系などなど
明るめだけど派手過ぎない淡い色
が合わせやすいです。

 
たとえばこちらのコサージュはくすんだオフホワイトですが、画像の黒のスーツに似合ってますよね。

 

ボリュームのある花びらが華やかなのに、パールの飾りが付いてるところもフォーマル感があってステキです。

 
コサージュには色んな大きさや素材がありますが、卒業式などのセレモニーに似合うのはシフォンやシルクなど光沢のあるキラキラした素材や張りのある素材です。

 
スーツのデザインから浮かないような大きさや色を選ぶこと。
たとえばピンク系といっても淡い色合いのピンクなら浮いた感じになりません。

黒やネイビーのスーツに花束のようなコサージュで華やかに。

 
また手持ちにモノトーンのコサージュしかないとしても、素材がキラキラしていてスタイリッシュな感じのデザインならお祝いの場にふさわしいかなと思います。

卒業式で紺色のスーツのときのコサージュの色は?

卒業式なので必要以上に派手にしたくない場合もありますよね。
そんなときにはコサージュとブローチの間くらいなワイヤーフラワーコサージュはどうでしょう。
控えめだけど、パールを使ったデザインでフォーマルな雰囲気は充分に出せますよ。

卒業式のスーツに生花のコサージュも

生花のコサージュって憧れますよね。
お花屋さんにお願いして本物の生花でコサージュも作ることも可能です。

通販でもお花のチョイスはお任せになってしまいますが、ステキなコサージュを作ってもらえます。

 
お祝いの時の花束のような気持ちで生花のコサージュを付けるのもいいですね。
小学校の卒業式で女の子だったらママとお揃いのお花で作ってもらうのもいいかもです。

卒業式のスーツにプリザーブドフラワーのコサージュも

プリザーブドフラワーのコサージュも本物のナチュラルな色合いが素敵ですよね。

自分で使うだけでなくプレゼントにも良さそうです。
また花材を買えば生花よりは簡単に手作りとかもできそうですよね。

卒業式のコサージュの位置は?

フォーマルな場ではスーツやワンピースにコサージュは定番です。

コサージュはだいたい襟元に付いてるイメージですが、具体的にどこ?と訊かれるととまどってしまいますよね。
なんとなく右利きだったら左胸に付けやすいし自然な気がしますけど、果たしてそれで正解なのか?

 
はい!コサージュは一般的に左の胸の上に付けるのが正しいです。
特に鎖骨当たりに付けるとバランスよく見えますよね。

顔に近い位置の方が顔を見た時にコサージュも目に入るので、顔も明るくなるのでおすすめです。
鏡を見ながらどの辺がバランスよく見えるのかチェックしてみてくださいね。

卒業式のコサージュの向きはどう付ける?

コサージュは花束の形のものは茎を束ねた柄が付いてます。
そのコサージュの柄をどっちに向けて付ければいいのかが悩むとこですよね。

この場合、どちらが正解!というのはないのですが、一般的には柄を上に向けるとフォーマルな雰囲気
柄を下に向けるとカジュアルな雰囲気になると考えられています。

黒や紺などのスーツでフォーマル度の高い卒業式では、コサージュの柄は上に向けて付けるのが無難ですね。

こちらにコサージュの付け方の動画があるので参考にどうぞ!

 

動画では入学式など明るくカジュアルな雰囲気の場合は、柄を下に付けてもいいとのことですが。
もちろん厳格な感じの入学式もあるでしょうから臨機応変にってことですよね。

そしてコサージュを実際に付けてみて収まりが良い方向というのもあると思います。
柄を下に向けた方が収まりがいいのに無理に上に向ける必要はないでしょう。

 
でも一応は、フォーマルな場では茎を上に向けて付けることが無難てことですね。
私は卒業式でも入学式でもコサージュの柄は下にしてましたよ、知らなかったので笑


スポンサーリンク

卒業式のママのスーツにネックレスは合わせる?

コサージュがあればネックレスはいらないんでは?という考えもありますね。
このあたりは襟元の雰囲気次第ではないでしょうか。
たとえばブラウスの襟元がフリルだとか華やかな雰囲気だったら、ネックレスまで付けなくてもいいかもしれません。

 
襟元やデコルテの空きが目立つ感じだと寂しい印象を与えてしまいますよね。
フォーマルシーンでの定番は真珠のネックレスですけど別に本物でなくって充分です。

 
こちらは貝パールとイヤリングのセット。

本真珠のネックレスを買ってもなかなか普段使いにはできません。
その点、貝パールなら見た目も真珠に引けをとらないし気軽に付けられますよ。

 
またパール系にこだわらなくても、細いチェーンのネックレスでもおしゃれな印象を与えてくれます。

手持ちでプチジュエリーの付いたネックレスなどがあれば、ぜひ活用してあげてくださいね。

卒業式で黒のスーツに合うコサージュの色は? まとめ

卒業式の黒や紺のスーツはそれだけだと華やかさに欠けてしまいます。
コサージュを付けることによってお祝いの気持ちも表せますし、セレモニー感も高まります。
ネックレスやイヤリングも顔回りを華やかにしてくれます。
コサージュやネックレスなどを選ぶ参考になれば嬉しいです♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました