風邪の引き始めに効く食事や手作りドリンクは?外食は何を選べばいいの?

風邪の季節になってきました。
朝起きたら喉が痛い!
そんな風邪の引き始めの時は具合がイマイチでも
おいそれと会社なんか休めません。
仕事を休めないからこそ
家庭では風邪に良い食べ物を考えてあげたいです。
またランチなど外食する時は何を選べばいいんでしょうか。
風邪の引き始めに効く食べ物やドリンクを紹介します。

スポンサーリンク

1・風邪の引き始めに効く食事とは?

風邪の症状をひどくしないために
風邪の引き始めには充分に注意をしましょう。
ウイルスと戦ってるから栄養のあるものをと考えがちですが
油分の多すぎる肉類などこってりしたものは
消化するだけで体力を消耗させるので
いくら食欲があったとしても風邪の時には良くありません。

風邪を引き始めの時の食事に大切なことは次の3点です。

  • 消化のよいもの
  • 糖質・タンパク質・ビタミンA,Cを取る
  • 水分の補給をする

風邪に良い食材

長ネギ、玉ねぎ、ネギ、しょうが、大根、れんこん
ささみ、豚肉、白身魚、豆腐、納豆
レモン、みかん、りんご、バナナなど

風邪の引き始めにおすすめのレシピ

風邪の引き始めには胃腸の負担にならないような水分多めのメニューがおすすめ。
栄養たっぷりよりも素早くエネルギーになるような食材で考えてあげましょう。

・体が温まる鍋料理

(ささみと野菜の水炊き鍋)

鶏ささみ、豆腐、白菜、長ネギ
水菜、まいたけやえのきなど

昆布だしにしょうがを一片入れて煮立てます。
ささみや豆腐、野菜を入れてポン酢で食べます。

・野菜スープ

大根、かぶ、キャベツ、にんじん、ホウレンソウなど

油分を使わず胃腸に優しく消化の良い野菜と水、スープの素だけで作ります。
塩、こしょうのみで味を調えます。

・茶碗蒸し

だし汁と卵で作ります。
中の具はささみやしいたけ、みつ葉など。

・煮込みうどん

具は白菜やネギなどの野菜を使って、うどんは柔らかめに煮る。
仕上げに溶き卵をかけてとじる。

・具だくさん豚汁

豚肉は脂身の少ないしゃぶしゃぶタイプを使用。
大根、にんじん、長ネギなど消化の良い野菜を使って作る。
仕上げにしょうがの千切りを散らす。

・おでん

大根、卵、厚揚げ、じゃがいも、はんぺんなど。
油分の多い練り物は少なめにして消化の良い食材を選ぶ。
味付けを薄味にして煮込む。

・卵雑炊

だし汁・薄口しょうゆ、塩を入れる。
ご飯と豆腐などを入れて柔らかくなるまで煮込む。
仕上げに卵を落として半熟にしあげてネギを散らす。

スポンサーリンク

2・風邪に良い手作りドリンク

市販の栄養ドリンクなどもいいですけれど
自然の素材を使ったナチュラルな手作りドリンクの方が体にも安心です。
昔からの民間療法のものは効き目があるからこそ今も受け継がれてたりします。

体が温かくなる手作りドリンク

しょうがは体を温める効果が高いことで知られています。
しょうがの繊維が気になる場合は茶こしやキッチンペーパーなどで
こしてから使ってもいいですね。

・しょうが紅茶

普通に入れた紅茶にすりおろしたしょうがを入れる。
好みで黒砂糖やはちみつで甘みをつける。

・はちみつジンジャーレモン

レモン一個分の輪切りをタッパーなどに入れてはちみるを浸るくらいに注ぐ。
1時間ほどしたらレモンのエキスがはちみつに出てくるので
その汁とレモンの輪切り、しょうが汁を入れてお湯で割る。

・たまご酒

卵1個と砂糖大さじを混ぜて茶こしなどでなめらかにこして小鍋に入れる。
日本酒1合(180cc)を熱燗程度にレンジでチンする。
卵液の入った鍋に少しずつ日本酒を流しいれて混ぜる。
鍋を弱火にかける。白っぽくなめらかになってきたら出来上がり。

咳や喉に良い手作りドリンク

風邪の引き始めに喉が痛かったり咳が出たりする場合
大根とれんこんが喉や咳に効くことが知られています。

・はちみつ大根

大根5㎝分くらいを1㎝角のサイコロ状に切ります。
切った大根を容器に入れてはちみつを大根が浸るくらいに入れます。
1時間ほど経つと大根の水分が出てはちみつの中に大根が浮いた状態になったら出来上がり。

大根エキスがたっぷり入ってます。
汁をそのままか、お湯で割って飲みましょう。

・はちみつレンコン

こちらはレンコンの絞り汁を利用。
レンコン5㎝くらいを皮ごとすりおろします。
それをキッチンペーパーなどに包んで絞ります。
好みではちみつを入れてお湯で割ります。

風邪の引き始めには喉がイガイガして不快なものですが
喉に良いドリンクを飲んで咳がひどくなる前に手を打ちましょう。

3・風邪の引き始めの外食は何を食べればいいの?

風邪の引き始めは会社を休めないので
ランチで外食をする場合どんなメニューを選べばいいでしょうか。

ここでも油っぽいものや消化の悪いものは避けましょう。

つまり洋食よりは和食を選ぶことです。

和食の中でも天ぷらやとんかつなどの重いものはダメです><
またお刺身などの生ものも避けた方が無難ですね。

煮魚や焼き魚の定食、湯豆腐、野菜の煮物、味噌汁
うどん屋さんなら鍋焼きうどんや卵とじうどん。
中華系だと油を余り使っていない中華粥やスープ系。

万が一、夜は居酒屋で一杯。。。なんてことになったとしても
肝臓に負担のかかるお酒は飲まないようにしましょう><

居酒屋でも和食のメニューを選べば安心ですね。

風邪の引き始めの食事やドリンクのまとめ

風邪の引き始めってすごく大事です。
ここを上手く乗り切ったら
風邪を悪化させずに済む可能性が高いですよ。。

食べ物の消化って体力をすごく使うんですよね。
とにかくくれぐれも食べ過ぎないように。
奥さまが上手くコントロールしてあげてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加