子供の風邪予防、うがいにはお茶がいい?マヌカハニーもおすすめ?

風邪の季節になると
風邪を予防する良い方法はないのかと
多くのお母さんは悩んじゃいますよね。

免疫力や抵抗力の弱い子供は、
すぐに風邪をひいてしまいます。

やはり風邪の予防には手洗いとうがいが大事です。

ただ小さい子供の場合はなかなか上手にうがいができなかったりして
どう予防をしたらいいのか悩んでしまいますよね。
うがいができなくてもうがいに近い予防方法はあるのか

うがい以外に手軽にできる風邪予防の方法を考えてみます。

スポンサーリンク

子供の風邪予防で気を付けること

風邪の予防にはうがいと手洗いが基本です。
子供の風邪は接触感染がほとんどなので
外で色んな物に触れた手を口に入れないということが大事です。

とはいえ子供ですからなかなか無理なことですよね。

そのためにもマメに手洗いすることが大事になります。
手洗いする事で、接触感染のリスクを最小限に減らせます。

本来人間には免疫がありますのである程度の感染は防げます。
風邪のウィルスは湿気に弱いので部屋を適度に加湿することも有効です。

うちでも子供がインフルエンザになったときは
子供部屋に加湿器を持ち込み
部屋に入る人はマスク装着して移らないように乗り切りました。

風邪の流行る季節には普段から部屋の環境を整えることも大事ですね。

子供のうがいにはお茶がいいってホント?

お茶には殺菌作用のあるカテキンが含まれています。

カテキンは緑茶に入ってることで有名ですが
ウーロン茶や紅茶にも入ってますね。
お茶もいろいろありますが
あまりカフェインの強いものはお勧めできません。

スポンサーリンク

うがいがまだ上手くできない子供の場合
お茶を飲んで喉を潤すだけでも効果があります。
外から帰ってきたら
暖かい部屋でお茶をゆっくりと飲ませてあげましょう。

もちろんうがいが出来る子供だったら
お茶でうがいすると、うがい薬同様の効果があるとのこと。

うがいをする時はいきなり喉までガラガラせずに
口の中だけでくちゅくちゅして吐き出して、
それから喉までガラガラした方がいいそうです。

マヌカハニーは子供の風邪におすすめ

マヌカハニーとははちみつの一種なのですが
普通のはちみつとは全く異なる抗菌作用があるんです。

その抗菌作用が風邪やインフルエンザなどの症状緩和に効くことがわかってます。
天然成分なので安心して食べさせられますよね。

風邪の引きはじめの喉がちょっとイガイガしたり
痛くなりそうだな~というとき
スプーン1杯をゆっくりと舐めさせます。

はちみつとしてはけっこう高価なものですが
お薬感覚で使うものなので
普通のはちみつみたいにパクパク食べるものではないですよ(笑

甘い味なので喉の痛い子供でもすんなり舐めて

ただし1歳未満の赤ちゃんにははちみつは厳禁です。
まだ消化器官が未熟で抵抗力が弱い赤ちゃんにははちみつがダメっていうのは知られてますが
マヌカハニーもはちみつの一種ですので赤ちゃんには食べさせないでくださいね。

子供の風邪予防まとめ

風邪は本格的にひいてしまって長引くと大変です。
特に子供の場合は症状が辛そうだと見てる方も辛いです。

とはいえそういう感染を経て免疫が付き丈夫な体になっていくんですよね
あまり潔癖になるのも考えものですが

症状がひどくなる前に上手く乗り切っていきたいものです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加