ノロウイルス お風呂はいつから?感染の予防に浴槽の消毒は必要?

ノロウイルスにかかった時
嘔吐や下痢などの症状があってとても辛いです。

また症状が症状なだけに
嘔吐や下痢などで体が汚れることも多いです。
そんな時はお風呂でさっぱりとさせてあげたいですよね。

でも具合が悪いうちは無理ができません。
お風呂はいつから入れるの?
大体の目安とお風呂に入る際の注意点についてアドバイスします。

スポンサーリンク

1・ノロウイルスのときはお風呂はいつから入れるの?

ノロウイルスの主な症状は嘔吐や下痢です。

大人はともかく子供は2~3日は症状がおさまらないことが多く
その間、体は嘔吐や下痢によってウイルスを出している真っ最中です。
ウイルスを体外に出すのに体力を使ってる状態です。

とりあえず急性期の症状が落ち着くまでは入浴などは控えるべきでしょう。

嘔吐や下痢の症状が続くと汚れやすいですし
体をきれいにしてあげたい、シャワーなどで流してあげたいと思いますよね。
気持ちはわかりますが、少なくとも嘔吐がおさまって
下痢もある程度の間隔があくまでは体力温存のためにも
お風呂に入るのは我慢した方が賢明です。

入浴というのは思いのほか体力を消耗しますからね。

嘔吐がおさまってきたけど
お風呂に入る元気がまだ出ないとき
お湯で絞ったタオルなどで体を拭いてあげるといいでしょう。

その場合は部屋を暖かくして風邪などひかないように
手早く済ませるようにしてください。

体を拭くタオルも家族とは別にすること

体を拭くのに使用したタオルにはノロウイルスが付着している
可能性が高いですので消毒をして洗濯するようにします。

タオルの洗濯の際には感染してない家族のものとは
別に洗うようにします。

またタオルがかなり汚れてしまった場合は
使い捨てにした方がいいかもしれません。

100均などでノロウイルスの看病用に
使い捨てにできるタオルを購入してもいいですね。

スポンサーリンク

2・ノロウイルスってお風呂で感染するの?

ノロウイルスは嘔吐や下痢などのふん便から感染します。
その感染力はインフルエンザなどよりも強いです。

お風呂の時に利用する風呂椅子やシャワーヘッドなど
触ったところにはウイルスが付着している可能性が高いです。

お尻をどんなにキレイに洗ったとしても
湯船に入って体が暖まってくると
お腹も緩んできて便が少し出ないとも限りません。

ノロウイルスは下痢等の症状がなくなっても、通常1週間程度
長いときには1ヶ月程度ウイルスの排出が続くことがあり
治ったと思っていても油断ができません。

嘔吐や下痢もおさまり少し元気が出てきて
お風呂に入れるようになったとしても
最初はシャワー程度にしておいて
家族でいちばん最後に入るようにするなどの配慮が必要です。

湯船に入るなら当然家族でいちばん最後に入ります。

下痢がおさまったとしてもウイルスの排出が続いてますので
お湯を介して家族にノロウイルスが感染する恐れがあります。

子供の場合は普段お母さんと一緒に
お風呂に入っていたとしても
せめて下痢がおさまるまでは控えた方がいいでしょう。

一緒に湯船に入るのも3週間は経ってから入るのをお勧めします。

3・ノロウイルスのときの浴槽は消毒した方がいいの?

ノロウイルスは非常に感染力が強いウイルスです。

湯船に入る場合は家族でいちばん最後にするのはもちろんですが
お風呂が終わったらすみやかにお湯を抜くこと。

そしてハイターなど塩素系の漂白剤を希釈した消毒液で
浴槽や壁などを拭いて消毒します。

浴槽などの消毒には衣類の消毒よりも
濃度のあるものを使用します。

次亜塩素酸ナトリウム液(ハイターなど)を50倍に薄めた液を作ります。
目安としては塩素系漂白剤20mlを水1ℓに加えたもの。

これをスプレー容器に入れて床や壁などを消毒します。

もし湯船に入らずシャワーだけだっとしても
風呂桶やお風呂の椅子などは使いますし
ウイルスが付着してる可能性のあるものは
すべて消毒した方がいいです。

その際にはビニール手袋やマスク、エプロンも装着しましょう。
浴室や浴槽の消毒が終わったら
シャワーで全体を流してから普段通りに洗剤で洗っておきましょう。

こちらの記事も参考にどうぞ♪
ノロウイルス感染時の洗濯の方法、洗濯機や布団の消毒はどうする?

ノロウイルスにかかった子供の症状と水分補給や食事はどうする?

まとめ

ノロウイルスにかかると対処療法で自然治癒を待つしかないです。
下痢の症状がなくなっても
ノロウイルスはまだまだ体の中にいるんですね。

お風呂に入れるようになるのは嬉しいですけど
まだまだ油断はできません。
家族に感染させないことが大事です。
家族の健康を守るためにもうひと頑張りしましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加