赤ちゃんの薬の飲ませ方は?粉薬やシロップを嫌がるときはどうする?

風邪の季節になってきました。
赤ちゃんが風邪の時などにお医者さんから処方されるお薬
たいては飲むのを嫌がってママは悩んでしまいますよね。

早く具合の悪いのを治してあげたいけど
吐きだしたり泣いてしまったり。。。
ママも疲れてしまって泣きたくなることも><

どんな方法で飲ませればいいのでしょうか。
お薬の種類と月齢によって
いろんなやり方があります。
これを読んで赤ちゃんにピッタリの方法を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

1・赤ちゃんの薬の飲ませ方の基本

大人がお薬を飲む場合は食後が基本ですが
赤ちゃんの場合は母乳やミルクを飲む前
つまり「授乳前」が基本です。

なぜかというと授乳後というのは
吐いてしまいやすいからです。

そしてミルクやお米など主食になるものには混ぜないこと。
味が変わってしまって受け付けなくなってしまうからです。

2・赤ちゃんの薬の飲ませ方 粉薬の場合

粉薬にはドライシロップといって顆粒になった甘いタイプのお薬もありますが
抗生物質など苦いお薬も多いです。
粉だと扱いにくいのでママも大変です。

乳児の場合は?

まだ離乳食も始まっていない月齢の小さい赤ちゃんの場合は
何かに薬を混ぜることができません。

・少量の水で溶いてスポイトで流し込む

ドライシロップなど甘いタイプはこれで飲んでくれる場合もあります。
スポイトを使う場合は調剤薬局などで売ってますから
お薬を買う時に相談してみてくださいね。

哺乳瓶でミルクをあげているところに
横からスポイトの先を少し差し込んで薬を垂らすという方法もあります。
混ぜるわけではないので赤ちゃんが味の変化に気づきにくいです。

・粉薬を少量の水で練って上あごや頬の内側に塗る

苦いタイプの粉薬だとこの方法になりますね。
粉薬を団子状やペースト状にする場合
必ず水は1滴ずつスポイトなどで加えていき
様子を見ながら固めた方が良いです。

上あごや頬の内側に塗るときには
舌の上に直接のせないように気を付けてくださいね。
苦い味が広がって吐き出してしまいやすいです。

このあと赤ちゃんに湯冷ましを飲ませられたらいいのですけど
母乳しか飲んでなくて哺乳瓶を受け付けない場合も多いです。
その場合はすぐに母乳を飲ませてあげれば大丈夫です。

幼児の場合は?

離乳食が始まってる1歳児以降の場合は
上記の乳児の方法以外に
何か甘みのあるものに混ぜて飲ませるのが王道ですね。

・お薬用のゼリーに混ぜる

・アイスクリームやヨーグルトに混ぜる

普段はあげてなくてもお薬を飲む場合は特別に解禁するとか。
特にチョコレート味は薬の苦味をごまかしやすいです。
2歳以降ならチョコレートアイスやジャムなどもおすすめ。

スポンサーリンク

3・赤ちゃんの薬の飲ませ方 シロップの場合

基本はスプーンやスポイトで飲ませます。
シロップは飲みやすいように甘い味が付けられてるので
子どもによっては大好きだったります。
うちも上の子はけっこう好きでしたね。

乳児の場合は?

乳児の場合は哺乳瓶の乳首を先に吸わせておいて
そこにシロップを垂らして吸わせる方法は良く使われます。
これも授乳の前に飲ませましょう。

嫌がれる場合はスポイトで流し込む方法になりますね。
とはいえなるべく1滴ずつほっぺの内側に落とす感じで
舌に触れないように工夫しましょう。

どちらもミルクでお腹がいっぱいになる前
または入浴後の喉が渇いているときに試してみるといいですよ。

幼児の場合は?

りんごなどのジュースに混ぜる
ゼリーやヨーグルトに混ぜる
混ぜたものを製氷皿で凍らせてシャーベットにして食べさせるという技も。
アイスは子どもは大好きなので意外といけるんですね。

赤ちゃんが病気で離乳食を嫌がるようなときはこちらの記事も参考にどうぞ♪
赤ちゃんが風邪で離乳食を食べない!中断してもいい?再開はどうする?

まとめ

風邪の場合はもともと特効薬はないので
多少お薬が飲めなかったとしても
安静に暖かくしてれば自然治癒していきます。

ただし中耳炎や気管支炎などにこじらせた場合
絶対に抗生物質の服用が必要な場合がありますよね。

その場合は早めにお医者さんに相談した方がいいです。
いざとなれば注射とか点滴とか手段はありますからね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加