RSウイルスの赤ちゃんの症状とは?受診の目安、入院は必要?

RSウイルス感染症って最近よく聞きますよね。
この病気は風邪症状から始まるので単なる風邪かな?と思いがち。

免疫のない赤ちゃんや幼児にとっては重症化しやすい病気なので
かなり注意が必要です。
流行時期はインフルエンザのちょっと前
秋から冬にかけてもっとも感染しやすくなります。

またRSウイルス自体は昔からあるものなのですが
最近検査をするようになって見つけやすくなったウイルスです。

風邪のように感染を繰り返すうちに免疫ができるので
大人がかかっても咳が出るし風邪だな~と
知らないうちに赤ちゃんにうつしてしまうこともあるようです。

今回はRSウイルスの症状や受診の目安についてお話します。

スポンサーリンク

1・RSウイルスにかかった赤ちゃんの症状は?

よく母乳を飲んでる赤ちゃんはお母さんからの免疫に守られてるっていいますよね。
でもRSウイルスはお母さんにもらった免疫では感染を防げないそうです。
だから1歳未満の赤ちゃんでもかかってしまうんですね。

RSウイルスの症状としては風邪と同じように

・発熱(38度以上、数日続く)
・喉の痛み、腫れ
・咳
・鼻水

などがあげられます。

そして6~7割の赤ちゃんは風邪症状のまま1~2週間で治るのですが
残りの3割程度は気管支炎や肺炎などの下気道疾患に進みやすく
大変注意が必要な病気なんですね。

3割というと3人に1人ですからかなり多いです。
また入院治療までいくのは1~3%らしいですが
赤ちゃんですから油断はできません。

いったん症状が落ち着いたと思っても
鼻水や咳がいつまでたっても止まらないとか
引き続いて「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という喘鳴が現れたら
必ず病院に行くことです。
息苦しそうな場合は救急病院に行く必要も出てきます。

ある意味喘息の発作と同じ扱いですね。

スポンサーリンク

2・RSウイルスの受診の目安は?

赤ちゃんなので単なる風邪だと思っても
熱が37度以上になればたいていのご家庭では病院に連れて行くと思います。
ただ熱が少々あっても食欲があったり元気な様子だと
「様子を見てください」と帰されることも多いでしょう。

ただ身近にRSウイルスにかかったとされる幼児や子供がいて
赤ちゃんと触れ合った可能性があった場合は要注意。

親が風邪を引いてる場合も同様です。
大人は免疫があるので大した風邪でなければ検査をしませんから
知らないうちにRSウイルスにかかってる可能性もあります。

病院では必ずその旨を言って
赤ちゃんにRSウィルスの検査をしてもらった方がいいです。

初期段階だと陰性の結果が出るかもしれませんが
感染の可能性があるということを言えば
症状がひどくなったらどうすればいいのか
別の大きい病院や救急外来のある病院などの情報を
聞いておくといいでしょう。

3・RSウイルスで入院する赤ちゃん多いってホント?

RSウイルスには特効薬がありません。
安静第一にして対処療法が主体になります。

自宅で安静にしていても大丈夫な赤ちゃんもいますが
鼻水や咳が止まらず症状がひどくなったり
咳に引き続いて「ゼイゼイ」と喘鳴が出てきた場合
気道が痰や腫れによって狭まって息苦しくなってる状態です。

咳がひどくて吐いてしまう場合
気管支拡張のお薬をもらっていても吐いたら意味がありません。

赤ちゃんの容体はいつ変わるかわかりませんので
そういう場合は入院がいいでしょうね。

入院すると気管支を拡張するステロイドの投与
ミルクが飲めないので栄養剤や水分補給の点滴
肺炎、気管支炎があれば抗生物質の投与など
24時間様子が見守れますので安心です。

そして自宅看護で大丈夫と言われた場合でも
赤ちゃんの様子から目を離さないようにすることです。
1歳未満の赤ちゃんは急速な悪化による無呼吸発作や突然死の危険性もあるので油断できません。

特に早産で生まれた赤ちゃんや
もともと循環器系や呼吸器系に疾患がある場合など
重症化するリスクがありますので一層の注意が必要です。

こちらの記事も参考にどうぞ♪
RSウイルスの予防接種ってあるの?感染しないための予防方法とは?

まとめ

1歳未満の赤ちゃんは免疫で守られてると一般的には思われてますが
RSウイルスはお母さんの免疫が関係ないのに驚きますよね。
RSウイルスに感染しても終生免疫は獲得されません。

再感染は起こりますが一般的には幼児期を過ぎると
重症化までは至らなくなります。
いろんな感染を乗り越えて丈夫になっていくんですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加